手ぶらで写経・写仏

日常から離れ、静寂な時間の中で、
ゆっくりと自分と見つめてみませんか?

写経(お経を書き写す)、
写仏(仏様のお姿を描き写す)ことは、
修行のひとつでもありますが、
脳の活性化にも効果的といわれます。

毎月8日は、本尊薬師如来のご縁日。
ご縁日のこの日に、静かな本堂で一緒にプチ修行しませんか?

どなたでも、初めてでも大丈夫です
お気軽にご参加ください。

◆2月8日(土)10時~11時30分
◆3月8日(日)10時~11時30分
*どちらも同じ内容です
◆体験料 ¥1000 (教材費込、お茶つき)
◆場 所 壽徳寺 本堂

※事前予約不要、手ぶらでOK
※体験料は当日お納めください
※駐車場あり、本堂の前に停めてください
※写経、写仏どちらでも選べます
※椅子、テーブルあります
※吹雪など悪天候の場合は、中止や延期する場合がございます
(その際はホームページやSNSで告知いたします)

#写経 #写仏 #修行 #お寺体験 

グリーフケア

【グリーフケア】

グリーフ=喪失
大切な人、こと、ものを失った時に生じる、心の変化、状態、反応のこと。

揺れ動く心や気持ちの中で、生活してゆくのはしんどいこともたくさんありますよね。そんな時に寄り添い、サポートできればと思っております。

仙台グリーフケア研究会の”グリーフケアの担い手講座”や、
リヴオンの”僧侶のためのグリーフケア連続講座”に通い、学んでいる最中の住職。
毎回毎回ご縁に感謝をしながら、学びを重ねております。

以下リヴオンさんが出している
『大切な人をなくした人のための権利条約』です。
必要としている方に届きますように…。

====================

◆大切な人をなくした人のための権利条約◆

【第1条】悲しんでもいい 落ち込んでもいい

「がんばらないと」「心配かけてはいけない」と気丈にふるまっているかもしれません。 でも時に自分の心の奥にある声に耳を傾けてみてください。 悲しいときは悲しみ、落ちこむことがあっても自然なことです。

【第2条】 自分を許してもいい

「わたしが悪かったんだ」 と自分を責めてどうしようもないとき 「どうにもできないことがあったんだ」 ということを認めてもよいのです。 自分を責めるのは、あなたにとって、その人の存在がそれほどまでに大事だった証です。

【第3条】 考えない、思い出さないときもいい

死を直視しないのもまた自由です。 辛いから考えたくない、思い出したくない。 そんな時は、いま自分が打ち込めることに力を そそげばよいのです。 考えられるとき、思い出したいときに、そうすれば よいのです。 亡くなった人はそんなあなたを責めないでしょうから。

【第4条 】自分を大切に

「みんな大変だから」 と思い、我慢をすることも尊いことです。 でも自分がつぶれてしまうほどの我慢はどうでしょうか。 大切なのはあなたが、あなたらしく生きてゆけること。 自分を大切にすることに許しを与えてもよいのです。

【第5条】 助けてもらうこと

「お互いさま」 だれもがいつかは大切な人をなくし、苦しいときがあります。 だからいま、辛いのなら、支えてもらってもよいのです。 そして今度は、誰かにその恩を返したり、送ればよいのです。 「助けて」は悪いことではありません。

【第6条】 みんなちがって、それぞれにいい

同じことを前にしても、感じ方はちがいます。 人それぞれであるということ。 どちらが重たくて、どちらが軽いということは 本当はありません。 ただ「そう感じている」ということが真実なのです。 感じるままに。ちがいをちがいのままに。

【第7条】 自分の人生を歩んでいい

自分の人生を生きること。 たのしい時間をもつこと。 時に亡くした人を忘れていること。 それは亡くした人を置いていくことではありません。 喪失した相手の存在とともに あなたの人生を 歩んでいくことはきっとできます。

©一般社団法人リヴオン

#グリーフ #グリーフケア #リヴオン #仙台グリーフケア研究会 #サポート #わかちあい

◆リヴオン ホームページ *グリーフとは
https://www.live-on.me/grief/

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます

健やかに幸多き一年となりますよう

ご祈念いたします

 

昨年は、多くの方にご来山いただき、

ご縁が大きく広がる一年でした。

本年もみなさまと一緒に

ご縁を紡いでゆければと思っております。

 

本年もよろしくお願いいたします。

南無大師遍照金剛