ご縁日法要

毎月8日は、本尊薬師如来のご縁日
ご縁日とはその仏様との縁がより深まる日、思いが伝わる日ともいわれます。

これまでのご縁日には、写経や写仏、健康講座、仏教音楽コンサートなど様々な講座を開催してまいりましたが、集まることもなかなか叶わない現状ですので、住職ひとりでご縁日の法要を執り行いました。

いつも見守ってくださるご本尊さまへ感謝と、コロナ終息、一日も早く日常が戻ることを願い、おつとめいたしました。

また、縁日の法要とともに、
ツナガリイム祈願法要も執り行いました。

ツナガリイムとは、オンラインでできる写仏で、写仏を通して全国各地の寺院とつながるプロジェクトです。
詳しくは下記「お寺のじかん」ホームページよりご確認ください。
https://www.otera-no-jikan.com/article/5764

 

ツナガリイムを通じ届いた写仏は、都度本尊薬師如来の宝前へ奉納し、毎朝のおつとめにてご祈願しております。そして、薬師如来のご縁日の法要の中でも、この1ヶ月の間に奉納されました写仏のすべての願主名、願意をあらためて読み上げ、ご祈願いたしました。

 

お参りに行きたくても行けない状況の中はじまったプロジェクトですが、このきっかけがなければ生まれなかっただろう、ご縁でもあります。

全国各地から届く、想いのこもった写仏やお手紙を拝見し、あたたかい気持ちにつつまれております。ありがとうございます。

 

ツナガリイムもまだまだ進行中です。
今週からはお手本の作者である、画家映水さんによる写仏解説動画配信もはじまったようです。
写仏を通して安らかな時間となりますように。

合掌

新聞掲載

本日、福島民友 朝刊に
自宅でできる写経について掲載いただきました。ありがとうございます

 

感染症と共生してゆく、新しい生活様式の中、心を落ち着かせる時間として、また心の修行として写経をしてみませんか?

般若心経のお手本、お作法、おつとめについて以下ホームページにて掲載、ダウンロード可能です。
みなさまの毎日が健やかでありますように。
合掌

https://jyutokuji.net/syakyosusume/

地元のお祭り

5月10日は毎年恒例、集落のお不動さま(不動明王)のお祭りです。

集落のみなさんで護っているお不動さま。五万堂山(ごまんどうやま)の麓にあり、奥の院は、山の中腹にあります。

かつてこの山では、私達が小学生の時は、子供たちのスキー場として使用するほど、地元では馴染みの深い場所。

「五万堂山」とは、護摩堂(ごまどう)が訛って「ごまんどうやま」になったとも言われます。詳しい資料は残っておりませんが、修験道が盛んであった猪苗代ですので、この山に籠もって修行した歴史もあるのかもしれません。

 

お祭り前日より、集落のみなさんで山道の草刈りや堂内の清掃など行いお祭りの準備をします。

5月10日は、田んぼに水が入る日。

このお祭りも春を告げるお祭り、農家の仕事はじめを告げる意味もあるのだと思います。

参列の皆様と一緒に、今年一年の健康、村内安穏、五穀豊穣、そしてコロナウイルスの終息をご祈願いたしました。

 

先人より大切にされてきた、お不動さまのお祭り

大事に繋いでゆきたいと思います。

 

自宅でもできる写経のススメ

自宅でもできる写経のススメ

 

お経を書き写すことを写経といいます。

一文字一文字が仏様そのものともいわれ、

写経することは、自分のこころと見つめ合い、

こころを養う仏道の実践、修行でもあります。

 

奈良時代から疫病に苦しむ時、人々は「写経」を行っていました。

平安時代には、弘法大師空海のすすめにより、

嵯峨天皇が般若心経の写経をおこない、疫病が収まったと言われています。

令和の現在、コロナウイルスによって世界中が危機に直面しています。

こんな時だからこそ、改めて写経をみなさまへご提案いたします。

 

ご自身の心の修行として、

また、ご祈願、ご先祖さまへの供養として、

そして、疫病退散の願いを込めて写経をしてみませんか?

 

ご自宅でもできるよう、お手本の用紙もご用意いたしました。

一番下からダウンロードしてください。(A4サイズのpdfです)

 

書写していただいた写経は、状況が落ち着いた時に、

壽徳寺へお送りください。

本尊薬師如来の御宝前にお供えし、

疫病退散の御祈願をさせていただきます。

もしくはご縁のあるお寺へ奉納いたしましょう。

 

お経を写していくうちに、次第にこころが満たされ、清らかになり、

書き終えたあとは充足感に包まれます。

こころを整えるのに最適な写経で、

こころ安らかな祈りの時間を過ごしていただければと思います。

 

◆般若心経の写経お手本のダウンロード

般若心経写経お手本

◆お作法のダウンロード

写経のお作法

 

(以下、お経をお唱えする際にご覧ください)

【檀信徒のおつとめ※仮名入り】

檀信徒のおつとめ

【般若心経おつとめ※仮名入り】

般若心経おつとめ

もうすぐ花まつり

【4月8日は花まつり】
「花まつり」とは、お釈迦さまの誕生祝いの行事のことです。

*昨年の花まつり

お釈迦さまは、生まれてすぐ
「天上天下 唯我独尊」
てんじょうてんげ(が) ゆいがどくそん
とお話されたと言われます。

これは「この世には私という人間は、たったひとりしかいない、尊い存在、大切な存在である。」と謳った言葉です。

コロナウイルスの影響が多方面に広がり、不安な毎日。外出や行動が制限される中でも、自分の大事なものは何なのか、働き方や生き方を改めて見直す機会ともなっているのではないでしょうか。大切な家族や仲間と、いつもと同じく過ごせる日常が有り難いと思いますよね。

お釈迦さまが謳われた言葉のとおり、
一人一人がこの世でたったひとりの大切な存在であり、 あなたの家族も仲間も、生きとし生けるものすべて大切な存在です。
ご先祖さまから繋がれてきたいのち、一人一人の大事ないのちを守るために、正確な情報を元に冷静な行動を取ってゆかなければなりませんね。

今年の壽徳寺花まつりは、コロナウイルス感染拡大防止を鑑みて、オンライン法要としておつとめ予定です。
お釈迦さま誕生のお祝いのおつとめと共に、疫病退散、無病息災のご祈願もさせていただきます。自宅でご参列いただければ幸いです。
オンライン法要の詳細については決まり次第、こちらでお知らせいたします。
合掌