ごえんびと 第21回 三村聡さん

ごえんびと

第21
コリとる鍼灸整体サロン
三村 聡 さん

連載コーナー「ごえんびと」
壽徳寺にご縁のあるひと(ごえんびと)にインタビューし、想いを伺いながらご縁を深めます。

第21回は、コリとる鍼灸整体サロン 三村聡さんです。
みなさんは、鍼灸院に行ったことありますか?鍼(はり)やお灸、体験したことございますでしょうか。住職も以前から興味はあるものの、なんとなく怖い、痛そうというイメージから体験したことがなく、今回初めて体験させていただきました。
三村さんがおてらヨガに参加してくださったことがご縁で、今月末には「はじめてのお灸教室」としてお灸(せんねん灸)を体験していただく会も開きます。ぜひみなさんにもご体感いただき、その予習としても今回のインタビューもぜひご覧ください。

Continue reading

WEB寺報 2022年11月号

お寺の会報「壽徳寺だより」

WEB版を発行いたしました。
WEB版は、毎月8日発行予定です。

 

・今月のひとこと【自己覚知 じこかくち】

「ごえんびと」 三村 聡 さん

・行事予定

上記内容を掲載いたします。
どうぞご覧ください。

WEB版は こちら から(PDFのダウンロード)
*ごえんびと第21回は、WEBページにてご覧ください


▼壽徳寺のSNSなどリンク一覧はこちら▼

https://linktr.ee/jyutokuji

WEB寺報 2022年10月号

お寺の会報「壽徳寺だより」

WEB版を発行いたしました。
WEB版は、毎月8日発行予定です。

 

・今月のひとこと【実りの秋】

「ごえんびと」 本間 照雄さん

・行事予定

上記内容を掲載いたします。
どうぞご覧ください。

WEB版は こちら から(PDFのダウンロード)
*ごえんびと第20回は、WEBページにてご覧ください


▼壽徳寺のSNSなどリンク一覧はこちら▼

https://linktr.ee/jyutokuji

ごえんびと 第20回 本間照雄さん

ごえんびと

第20
地域福祉研究所 主宰
本間 照雄 さん

本間照雄さん

復興支援活動時の様子 (被災者支援センター毎朝のミーティング)

連載コーナー「ごえんびと」
壽徳寺にご縁のあるひと(ごえんびと)にインタビューし、想いを伺いながらご縁を深めます。

第20回は、地域福祉研究所 主宰 本間照雄さんです。

住職と本間さんとは、本間さんが顧問として携わっている「市民コミュニティソーシャルワーカー研修会」からのご縁です。昨年度受講した際、新たな視点をいただいた研修会。研修会の中でなかなかお話できず、改めてじっくりお話を伺いたいと思い、今回のインタビューとなりました。
講義の中で本間さんから様々なキーワードもいただき、「学ぶ」ということを改めて考える機会になった研修会。そのエッセンスは、本間さんご自身の経験によるものと実感するインタビューです。ぜひご覧ください。


「市民コミュニティーソーシャルワーカー研修会in福島」とは
 コミュニティソ ーシャルワーカーは、地域の皆さんの様々な生活課題に対し、必要な支援を結び合わせて住民とともに解決に取り組む「地域のつなぎ手」です。本来は専門職の皆さんが担う役割ですが、暮らしの主体である地域の皆さんが「コミュニティソーシャルワ ーカ ー」的視点を養うことで、地域の暮らしやすさや安全・安心などの地域力は大きく向上します。
NPOやボランティア、民生委員・児童委員、町内会・自治会役員、個人の方々など、地域の担い手の皆さんに「市民コミュニティソーシャルワーカー(CCSW)」として活躍していただくための学びと連携の場として、「市民コミュニティソーシャルワーカー研修会in福島」は誕生しました。
*開催チラシより引用

市民コミュニティーソーシャルワーカー研修会in福島(2022年度開講中)
Facebookページ https://www.facebook.com/ccsw.fukushima
Continue reading

WEB寺報 2022年9月号

お寺の会報「壽徳寺だより」

WEB版を発行いたしました。
WEB版は、毎月9日発行予定です。

 

・今月のひとこと【巡って回る】

「ごえんびと」 大岡 桂子さん

・行事予定

上記内容を掲載いたします。
どうぞご覧ください。

WEB版は こちら から(PDFのダウンロード)
*ごえんびと第19回は、WEBページにてご覧ください


▼壽徳寺のSNSなどリンク一覧はこちら▼

https://linktr.ee/jyutokuji

ごえんびと 第19回 大岡 桂子さん

ごえんびと

第19
チャイルドラインこおりやま 理事長
大岡 桂子さん

連載コーナー「ごえんびと」
壽徳寺にご縁のあるひと(ごえんびと)にインタビューし、想いを伺いながらご縁を深めます。

第19回は、チャイルドラインこおりやま理事長 大岡桂子さんです。

みなさんは「チャイルドライン」ってご存知でしょうか?
子どもの声を聴き、こころを受けとめる活動として、全国38都道府県に68の電話実施団体と25のオンラインチャット実施団体が、電話もしくはオンラインチャットで子どもの気持ちを受けとめる場所を開いています。
福島県内にも福島と郡山に団体があり、子どもの声を受け止める場を開き、受けとめた「声」を社会に発信し、子どもが生きやすい社会を目指すために活動されています。数年前、チャイルドラインこおりやま主催の講座に住職が参加させていただいたことをきっかけに大岡さんとのご縁がひろがりました。
日頃保育士としておつとめされながら活動を続けていらっしゃる大岡さん。ご活動への想い、原動力についてお伺いいたしました。
「チャイルドライン」って初めて聞いた、という方もぜひご覧ください。

____________________

*チャイルドラインとは
チャイルドラインは、18歳までの子どもの相談先です。
かかえている思いを誰かに話すことで、少しでも楽になるよう、気持ちをうけとめます。
あなたの思いをたいせつにしながら、どうしたらいいかを一緒に考えていきます。お説教や命令、
意見の押しつけはしません。

またチャイルドラインは、世界中の国々が話し合ってつくった「子どもの権利条約」の理念を
大切にしています。
私たちは、子どもたちの人権が守られ、子どもも大人と同じように一人の人間として
人格や意見を尊重される、そして誰もが人間らしく生きていける社会をつくりたいと思っています。

チャイルドラインホームページ(子どものサイト)より抜粋
https://childline.or.jp/

Continue reading

ごえんびと第18回 佐藤利憲さん

ごえんびと

第18
福島県立医科大学 看護学部 講師
NPO法人ReLink(りんく)理事長
佐藤 利憲 さん

プログラム中の様子

連載コーナー「ごえんびと」
壽徳寺にご縁のあるひと(ごえんびと)にインタビューし、想いを伺いながらご縁を深めます。

第18回は、福島県立医科大学 看護学部 講師、NPO法人Relink(りんく)理事長
佐藤利憲(さとう よしのり)さんです。

佐藤さんとは3年前に*仙台グリーフケア研究会「グリーフケアの担い手養成講座」を住職が受講し、佐藤さんの講義を受けたことがご縁です。「子どもへのグリーフサポート」という講座を担当され、その講義は今でも鮮明に覚えています。
おてらおやつクラブ巡回展の開催中の8/16(火)、子どもや保護者のメンタルヘルスに関する支援、子どものグリーフサポートを広めるための普及・啓発活動されている、佐藤さんを壽徳寺へお招きし講演いただきます。今回のインタビューは、その予習としてご覧いただければ幸いです。今回も深まる時間。ぜひご覧ください。


*NPO法人 仙台グリーフケア研究会とは
2004年、仙台市立病院のスタッフや仙台市民が中心となり設立。2006年より自死遺族のための「わかちあいの会」を始め、自死・病死・事故死・災害等で大切な人を亡くしたすべての方を対象として開催。現在は、仙台、石巻、山形の会場で、「わかちあいの会」を実施。2010年より子どもを対象とした「ワンデイプログラム」を開催(現在はNPO法人子どもグリーフサポートステーションとして各地で継続)「わかちあいの会」「グリーフケア」の普及と啓発を進め、シンポジウムやファシリテーター養成などの事業も行っている。

*グリーフとは
かけがえのない人との別れは誰もが経験し得る事。大切な人との死別により、深い悲しみ、辛さ、寂しさ、後悔、罪悪感、時に怒りや安堵など様々な思いや感情が沸き起こる。喪失に伴う様々な反応をグリーフと言います。グリーフは誰も代わることができません。
そもそも、グリーフは病気ではありません。グリーフが軽くなれば良い、無くなれば良いというものではありません。

上記すべて仙台グリーフケア研究会ホームページより抜粋 https://sendai-griefcare.jp/

Continue reading

WEB寺報 2022年7月号

お寺の会報「壽徳寺だより」

WEB版を発行いたしました。
WEB版は、毎月8日発行予定です。

 

 

・今月のひとこと【癒しのブルー】

「ごえんびと」 山下 仁子さん

・行事予定

上記内容を掲載いたします。
どうぞご覧ください。

WEB版は こちら から(PDFのダウンロード)


▼壽徳寺のSNSなどリンク一覧はこちら▼

https://linktr.ee/jyutokuji

ごえんびと 第17回 山下 仁子さん

ごえんびと

第17
NPO法人 ビーンズふくしま アウトリーチ事業 事業長
山下 仁子さん

山下仁子さん(中央)

活動の様子(一緒にお散歩)

連載コーナー「ごえんびと」
壽徳寺にご縁のあるひと(ごえんびと)にインタビューし、想いを伺いながらご縁を深めます。
第17回は、NPO法人 ビーンズふくしま アウトリーチ事業部 事業長 山下仁子さんです。

ビーンズふくしまさんとのつながりは、壽徳寺も賛同しております「おてらおやつクラブ」です。
壽徳寺からのおすそわけをビーンズふくしまさんにお送りし、ご活動の中でお役立ていただております。
お寺からお送りしたおやつが、どんな活動の中で、どんな子どもたちの手に届いているのか、ご活動を伺いたいと思っておりました。詳しいお話は、8/13(土)に壽徳寺にて講演会を開きますので、こちらにご参加いただければと思います。

今回のインタビューでは、山下さんご自身の活動への想いなどお伺いいたしました。
講演会前の予習としてぜひご覧ください。


【ビーンズふくしま アウトリーチ事業とは】

 福島県内の生活困窮世帯の子どもを対象とした訪問型の支援活動をされています。子どもの権利保障を最大の目的とし、「子どもの生きる力を引き出し育てる」ための取組として、各種講座や体験学習等の多様な学びの機会提供、生活支援、相談、各種同行等を行っています。※助成金等を活用し生活困窮世帯以外の子どもたちの支援もされています。

ビーンズふくしま ホームページより抜粋)

Continue reading

ごえんびと 第16回 鴫原 さとこさん

ごえんびと

第16
NPO法人 虹色たんぽぽ 代表
鴫原 さとこ さん

鴫原 さとこさん

活動中の様子

連載コーナー「ごえんびと」
壽徳寺にご縁のあるひと(ごえんびと)にインタビューし、想いを伺いながらご縁を深めます。

第16回は、鴫原さとこ(しぎはら さとこ)さんです。
 鴫原さんと住職は、仙台グリーフケア研究会の連続講座でご一緒したのがご縁です。コロナ以降、オンラインでの開講に切り替わり、実際に会って学ぶ時間も少なかったのですが、講義以外の時間でも情報交換などしながらご縁を深めてまいりました。

 鴫原さんは、地元宮城県亘理町でNPOの代表を務めていらっしゃいます。こちらでは「暮らしの保健室」や「聞き書き」の活動されており、今住職が一番興味のある活動でもあります。地域に根ざした活動をされている鴫原さん。ご活動の内容、想いを伺いました。どうぞご覧ください。

 

*暮らしの保健室とは…

 誰でも無料で医療や介護などの心配ごとを相談でき、そこにいるだけでホッと安心できる場所として、訪問看護師の秋山正子さんが開設した「暮らしの保健室」。その活動は全国に広がり、各地に「暮らしの保健室」ができています。(暮らしの保健室ホームページより抜粋)

鴫原さんのNPOでは、みんなの保健室、おらほの保健室という名称で活動されています。

*聞き書きとは…

 語り手の話した言葉をそのまま書き起こし、まるで目の前で話しているかのような文章としてまとめていく手法。全国の医療・介護・地域などで広がっている活動です。

Continue reading