【満員御礼】おてらヨガ

【満員御礼】おてらヨガ
6/9(火)現在 満員となりました。

早くから反響いただき、ありがとうございました。
今回は感染症対策として少人数の開催のため、
あっという間に予約埋まってしまいました。
ご検討中のみなさま、申し訳ございません。

感染症の状況次第ですが、7月以降も開催予定です。
またのご参加お待ちしております。

========================

毎回人気おてらヨガ 6月に開催いたします。
感染症対策をしながら、少人数にて行います。

こんな時だからこそ、
静かな本堂にて、
仏教とも繋がりが深いヨガを通して、
自分の身体と向き合ってみませんか?

肩こりや腰痛、疲労回復、
コロナ疲れ、リフレッシュなど
参加者の状況に合わせて、
ゆったりレッスンします。
老若男女参加OK

心とからだの健康にご利益のある
本尊薬師如来の側で、
自分の心とからだを見つめる
ヨガの時間を一緒に過ごしましょう。

◆講師:三浦香織氏
(白河市 シャーラヨガ主宰)
(プロフィール)
元自衛官であり、退職後は銀行勤務を経てフィットネスインストラクターとして20年以上指導。その間、即応自衛官として15年勤務し、東日本大震災では災害派遣へも参加。各種健康指導やヨガセラピストとしても活動を開始する。サークルを立ち上げ、2011年5月にシャーラヨガ スタジオオープン。現在、ヨガセラピスト協会の養成講座認定講師でもあり、2016年9月にAmazon Kindleよりストレスさえもエネルギーに変わるヨガ を出版

【シャーラヨガHP】
https://shenron-yoga.com/

◆参加費:¥500 (当日支払い)
◆持ち物:汗拭きタオル、お水、ヨガマット
*ヨガマットのレンタルも行いますが、感染予防として、極力ご自分のマットをお持ちください。

◆感染症対策として、本堂内の窓を全開にて行います。室温が低く感じる可能性がありますので、寒さの心配がある方は羽織るものをお持ちください

◆定員:10名
◆予約必要
◆体調に不安のある方はご遠慮ください
◆予約制です。お申込みは以下よりお申し込みください

 

【申込みページ】google フォーム
https://forms.gle/F98KhfA2vUZeqh4Q9

※ヨガが初めての方もお気軽に

 

#ヨガ #リラックス #お寺 #寺 #本堂 #健康
#疲労回復 #肩こり #腰痛 #体操

ラジオ出演

【ラジオ出演】

未来の住職塾NEXT 塾長
松本 紹圭さんが配信されている
「テンプルモーニングラジオ」に今週、住職が出演しています。

テンプルモーニングラジオは、週替わりのゲストとのお話と、全国各地の僧侶のお経を配信しているラジオ(ポッドキャスト)です。

初めての経験で緊張しましたが、松本さんの穏やかなお人柄に、ついつい話がはずんでしまいました。みなさんに聞いていただきたいような、そうでないような気持ちではありますが、よろしければお聞きください。

過去の放送も聴くことができます。各ゲストとのお話やお経がとても心地よくオススメです。
各地のお寺からお届けする「お寺の朝」をぜひ一緒にお過ごしください。

 

◆Temple Morning Radio
平日毎朝6時更新
以下の2種類のプラットフォームで聴くことができます

・Anchor(iPad等で聴けない場合があり)
https://anchor.fm/templemorning

・Spotify(おすすめ)
https://open.spotify.com/show/5T7rPmFxWOp5QimkNUg0x4

おてらおやつクラブ

仏様のおそなえものを、おさがりとして、おすそ分けする おてらおやつクラブ

 

ひとり親家庭、子どもの居場所づくり、フリースクールなど支援している県内の団体へ、不定期ではありますが壽徳寺からもおすそ分けしています。

コロナの影響は、ひとり親家庭にも大きな影響が出ていると聞きます。私達ひとりひとりの支援は小さくとも、みんなで支え合う日常になればと思っています。

 

次回発送は、6月8日

みなさまからのおすそ分けも随時お預かりしております。

合掌

 

新聞掲載

本日、福島民友 朝刊に
自宅でできる写経について掲載いただきました。ありがとうございます

 

感染症と共生してゆく、新しい生活様式の中、心を落ち着かせる時間として、また心の修行として写経をしてみませんか?

般若心経のお手本、お作法、おつとめについて以下ホームページにて掲載、ダウンロード可能です。
みなさまの毎日が健やかでありますように。
合掌

https://jyutokuji.net/syakyosusume/

地元のお祭り

5月10日は毎年恒例、集落のお不動さま(不動明王)のお祭りです。

集落のみなさんで護っているお不動さま。五万堂山(ごまんどうやま)の麓にあり、奥の院は、山の中腹にあります。

かつてこの山では、私達が小学生の時は、子供たちのスキー場として使用するほど、地元では馴染みの深い場所。

「五万堂山」とは、護摩堂(ごまどう)が訛って「ごまんどうやま」になったとも言われます。詳しい資料は残っておりませんが、修験道が盛んであった猪苗代ですので、この山に籠もって修行した歴史もあるのかもしれません。

 

お祭り前日より、集落のみなさんで山道の草刈りや堂内の清掃など行いお祭りの準備をします。

5月10日は、田んぼに水が入る日。

このお祭りも春を告げるお祭り、農家の仕事はじめを告げる意味もあるのだと思います。

参列の皆様と一緒に、今年一年の健康、村内安穏、五穀豊穣、そしてコロナウイルスの終息をご祈願いたしました。

 

先人より大切にされてきた、お不動さまのお祭り

大事に繋いでゆきたいと思います。

 

いつも心はつながっている

 

お寺がある猪苗代では桜が満開となりました。
今年はお花見は叶いませんが、
花を愛でることは心の保養なりますね。

もう5月

5年前の5月の連休、
四国八十八箇所のお遍路に行っておりました。
新緑の季節、若葉の香と清々しい風を感じながら巡っていたことを思い出します。

この時、僧侶の資格を取るために二度目の大学生をしており、春休みと5月の連休で念願のお遍路旅を決行。
歩きをメインに、時間の関係で電車や路線バスも使いながら、30日間かけて巡った贅沢な時間でした。

自分を見つめる修行

お遍路は、1日に約30キロほど歩きます。
「足が痛くてもうダメだ…」と思ったことは数知れず…
「なんの目的で歩いてるのか?」
「なんでこんな苦しいことをやっているのか」
「明日は1日休もう」
「こんな情けない自分が嫌になる…」と、
自分の中でいろんな葛藤が生まれます。
まさに自分を見つめなおす修行の時間でした。

そんな時に元気になれるのは、
宿で一緒になる他のお遍路さんと宿のおかみさん。
夕食を共にしながら、
遍路道の情報を教えていただいたり、
お遍路への想いなどを伺います。
いろんなお話をしながら、一期一会の出会いに感謝し、「歩いているのは私一人じゃない」と励まされ、
翌日へのパワーとなるのです。

同行二人

お遍路で大事にされているのは「同行二人」(どうぎょうににん)。
自分ひとりで歩いているのではない、
常にお大師さま(弘法大師空海)と一緒に歩いているという意味です。

ひとりでお遍路道を歩くのは心細いことも多いです。
そんな時に心の支えとなったのは、
ひとりで歩いているのではない、「同行二人」で常にお大師さまが一緒に歩いてくださっていると強く思うこと。
そして宿に着けば、おかみさんやお遍路さんと一緒の時間を過ごし、同行二人だけでなく、
同行五人にも、同行十人にも感じられ安心につながるのです。

 

いつも心はつながってる

緊急事態宣言が出されている今、人と会うことが制限され、不安や心細いことも多いですよね。
毎日会っていた友人や同僚、ご近所さん、など、当たり前だったことが叶わない毎日です。

「私はひとりぼっち」
「こんな気持ちは私だけなのだろうか」
「早くみんなに会いたい」
いろんな想いが巡りますね。

親しい方と顔を合わせてお話することは叶わない毎日ですが、みんな同じ気持ちですし、近くにいなくともいつでも心はつながっているはずです。
同行二人、いや同行五人、十人と、みんな一緒にいます。一緒に歩いています。

大切な方をイメージして、一緒に歩んでいると強く想ってみませんか。

ちなみに私は最近、毎朝ラジオ体操をしております。ラジオの向こうにはたくさんの方がいることを想像し、見えないけれど一緒にラジオやっているのだなぁとつながりをかんじています。

来年は、みんなで一緒にお花見したいですね

合掌

壽徳寺 住職 松村妙仁

壽徳寺だより号外 発送

檀信徒のみなさまへ
壽徳寺だより号外を発送いたしました。

 

今回は以下の内容です
・壽徳寺のコロナウイルス対策について
・真言宗の三密について
・住職インタビュー記事(地域寺院倶楽部会報掲載)

自宅待機の毎日ですが、
少しでも心安らぐ時間を過ごしていただければと思い、
般若心経の写経用紙、
写経のお作法のご案内も同封しております

 

みなさまと直接お会いできる日まで、
距離は離れても、心はつながってゆければと思います。
ご不安なことございましたら、
メール等でご相談ください。

自宅でもできる写経のススメ

自宅でもできる写経のススメ

 

お経を書き写すことを写経といいます。

一文字一文字が仏様そのものともいわれ、

写経することは、自分のこころと見つめ合い、

こころを養う仏道の実践、修行でもあります。

 

奈良時代から疫病に苦しむ時、人々は「写経」を行っていました。

平安時代には、弘法大師空海のすすめにより、

嵯峨天皇が般若心経の写経をおこない、疫病が収まったと言われています。

令和の現在、コロナウイルスによって世界中が危機に直面しています。

こんな時だからこそ、改めて写経をみなさまへご提案いたします。

 

ご自身の心の修行として、

また、ご祈願、ご先祖さまへの供養として、

そして、疫病退散の願いを込めて写経をしてみませんか?

 

ご自宅でもできるよう、お手本の用紙もご用意いたしました。

一番下からダウンロードしてください。(A4サイズのpdfです)

 

書写していただいた写経は、状況が落ち着いた時に、

壽徳寺へお送りください。

本尊薬師如来の御宝前にお供えし、

疫病退散の御祈願をさせていただきます。

もしくはご縁のあるお寺へ奉納いたしましょう。

 

お経を写していくうちに、次第にこころが満たされ、清らかになり、

書き終えたあとは充足感に包まれます。

こころを整えるのに最適な写経で、

こころ安らかな祈りの時間を過ごしていただければと思います。

 

◆般若心経の写経お手本のダウンロード

般若心経写経お手本

◆お作法のダウンロード

写経のお作法

 

(以下、お経をお唱えする際にご覧ください)

【檀信徒のおつとめ※仮名入り】

檀信徒のおつとめ

【般若心経おつとめ※仮名入り】

般若心経おつとめ

コロナウイルス対策について

壽徳寺のコロナウイルス対策について

 

今般の新型コロナウイルス感染拡大を受けて、

檀信徒皆様の安全確保、感染予防、感染拡大防止の観点から、

壽徳寺での法要は以下の対策をいたします。

この内容は、壽徳寺の宗派であります真言宗豊山派より通達されました

「法要時の新型コロナウイルス感染拡大を防止するための指針」に沿ったものです。

 

今大事な事は、自分自身が感染しない、ウイルスを拡散させないことです。

みなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。

なお葬儀の際も、基本的には同じような方針で行い細かい点は都度ご相談させていただきます。

 

不安な毎日ですが、少しでも不安が解消できるお手伝いをしたいと思っております。

以下内容について、また上記以外にも、

ご不明、ご不安なことがございましたら、いつでもご相談ください。

 

====================================

1、法要参列者で、以下症状に該当しましたら法要ご参列をお控えください

■発熱(37.5℃以上)、又は37.0℃以上の発熱と症状(咳,痰,息切れ,倦怠感,嘔吐・下痢)

■3週間以内の渡航歴,新型コロナウイルス感染者と濃厚接触

■味覚・嗅覚異常(2週間以内)

 

2、法要参列者は、マスク持参・着用厳守をお願いいたします。
   法要中もマスク着用のままご参列ください。

 

3、本堂入口に消毒液を設置しておりますので、手指の消毒をお願いいたします。
     もしくは石鹸での手洗い、うがいをお願いいたします。
 
4、本堂内共同使用部分の消毒を行い、寺院職員も手洗い、手指消毒を厳守いたします。

 

5、法要終了後の会食は避けてください。

会食(お斎(とき))は、施主が参列者へ食事の施しをすることで故人の供養になる大事な布施行

(ふせぎょう)であります。ですが、以下「3つの密」を含む時間と空間ですので、感染拡大防止

の観点からしばらくは避けていただくのがよろしいかと思います。

 

6、感染リスクを下げるために以下「3つの密」を避ける配慮をいたします。

①換気の悪い「密閉空間」を避けるため、30分に1度5〜10分程度堂内換気を行います。

②多数の人が集まる「密集空間」を避けるために、法要参加者の間隔を1メートル以上確保

するようお願いいたします。

③間近での会話や発声をする「密接場面」を避けるために、対面による会話を可能な限り

避けます。※法話を行う場合一定の距離(2メートル以上)をあけて行います。

以上

 

檀信徒のみなさまには別途ご案内をお渡しいたします。

 

通常のお参りも可能です。

御朱印もお授けしておりますが、

上記のとおり、マスク着用、手指消毒の徹底をお願いいたします。

大切ないのちだから、身体の距離を保って、こころの距離は寄り添って過ごしましょう。

4月8日 オンラインでお参り

【オンライン配信のみ】
花まつり法要執り行います

4月8日はお釈迦さま誕生日
お釈迦さまの誕生をお祝いすると共に、
生命の尊さや有りがたさを感じ、
一緒におまいりいたしましょう。

コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、
オンラインで配信いたします。
本堂内の法要参列はご遠慮いただき、
ご自宅でインターネットを通してお参りください。

お釈迦さまをお祀りした祭壇は
本堂入口外側に置きますので、
こちらは自由にお参りください。

◆4月8日(水)15時~15時半
花まつりおつとめ
本堂よりオンライン配信

以下壽徳寺Facebook
イベントページより配信いたします。
https://facebook.com/events/s/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%85%8D%E4%BF%A1-%E8%8A%B1%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A%E6%B3%95%E8%A6%81/2635808270023012/?ti=cl

#オンライン配信 #オンライン参拝 #オンライン法要 #花まつり #お釈迦さま #4月8日 #福島県 #会津 #猪苗代 #真言宗 #お寺